MENU

ログインログイン

パスワードをお忘れの方は、倶楽部までご連絡ください。 TEL 072-625-1661
ログインログイン

倶楽部について

倶楽部の歴史

1927年
(昭和2年)
11月
第1回アマチュア東西対抗競技開催(6日)。2日には第2回婦人東西対抗競技が行なわれており、男子より1年早かった。

第2回東西婦人対抗の両軍選手

1929年
(昭和4年)
6月
日本オープン選手権開催。翌5年10月、7年10月にも開かれた。
1930年
(昭和5年)
5月
“プロのキング”と呼ばれたアメリカのプロ、ウォルター・ヘーゲンと曲打ちの名手、ジョー・カークウッドが来日
(24・25日)
。コースはファンの熱気で沸いた。

ヘーゲンのアプローチ・ショット

1931年
(昭和6年)
1月
コースの改造設計を委託していたイングランドの名匠、チャールズ・H・アリソン氏が、当倶楽部を訪れ、入念な改修を手がけた。現東コースの戦略性・風格はこの結果生まれた

来日当時のチャールズ・H・アリソン氏
略歴略歴

1937年
(昭和12年)
10月
人気絶頂時のアメリカのプロ、ジーン・サラゼンが来日。26日茨木CCで宮本留吉らとエキジビジョン・マッチを行いファンを魅了した。

サラゼンのエキジビジョン・マッチ

1941年
(昭和16年)
12月
太平洋戦争に突入。
コースは中学生の軍事教練の場になるが、日曜はメンバーのプレーが絶えなかった。
1944年
(昭和19年)
4月
陸軍の糧秣保管基地として接収さる。
1948年
(昭和23年)
11月
社交倶楽部「清交社」(北区・堂島)の茨木CCグループが中心になり、
再建を手がけ、アウト9ホールを開場。
1951年
(昭和26年)
10月
18ホールズ再開。

再開を祝うメンバー

1952年
(昭和27年)
5月
宮本留吉プロは昭和19年(1944)2月に引退。彼の薫陶を受けた、山田弥助プロが関西オープン(廣野G.C.)で優勝。以後、木本三次、寺本金一、宮本省三、杉原輝雄プロらが次々と公式競技を制し、戦後のプロ・ゴルフ界に”茨木一門”の黄金時代を築く。
1960年
(昭和35年)
11月
コース大型化の時代要請にこたえ、旧コースに隣接して建設中だった新コースが完成。設計は井上誠一氏。
旧コースを「東コース」、新コースを「西コース」と命名。

井上誠一氏
略歴略歴

1960年
(昭和35年)
12月
茨木・霞ヶ関両倶楽部、姉妹コースとして協定を結ぶ。東コースがアリソン氏による改造、西コースは井上誠一氏の設計という共通点が機縁となった。
1961年
(昭和36年)
9月
西コース・正式オープン。
1963年
(昭和38年)
11月
新倶楽部ハウス竣工。倶楽部社員、渡辺節氏の設計による。

現・倶楽部ハウス

1973年
(昭和48年)
9月
第38回日本オープンが西コースで開催される。B・アルダ(比)が、青木功との熱闘のすえ優勝。

ページトップへ戻る

パスワード変更

ログイン時のパスワードを変更できます。
8文字の英数字(半角)でご設定ください。

新しいパスワードを入力
新しいパスワードを入力(確認用)

パスワード変更

ログイン時のパスワードを変更できます。
8文字の英数字(半角)でご設定ください。

新しいパスワードへの変更を受け付けました。

パスワード変更

ログイン時のパスワードを変更できます。
8文字の英数字(半角)でご設定ください。

新しいパスワードを入力
※8文字の半角英数字をご入力ください。
新しいパスワードを入力(確認用)
※8文字の半角英数字をご入力ください。

パスワード変更

ログイン時のパスワードを変更できます。
8文字の英数字(半角)でご設定ください。

新しいパスワードを入力
※「確認用」と入力内容が異なります。
新しいパスワードを入力(確認用)